塗り替えのサイン

お住まいの外壁に触れてみてください。
白い粉が手についてきませんか?

この白い粉はチョーキング現象といい、外壁の塗装が劣化し始めている証拠です。
放置したままにしていると、丸裸になった外壁が水分を吸収してしまい、コケ・カビの発生や、ひび割れの原因になるおそれも。

塗料がまだ新しければ直射日光や雨風による影響を防いでくれますが、時間の経過とともに確実に消耗していきます。
今すぐに塗り替えなければならないというわけではありませんが、放置したままにしてしまうと防水機能が低下していき、雨水が侵入しやすくなることに。
このような症状が目立ち始めたら注意が必要です。

外壁のひび割れは、特に分かりやすい劣化症状なのではないでしょうか?
どんなに小さな割れ目であっても雨水は侵入してしまうため、この症状が見られた場合は早急な塗り替えが必要です。

ひび割れには、ヘアクラック・構造クラック・縁切れクラック・乾燥クラックなど、複数の種類があり、症状の進行とともに水分が建物内部へと入り込んで構造部の腐食や雨漏りを招く恐れも。

状態を見極めたうえで適切な工法を選ばなければならないため、ひび割れを発見された際は塗装専門の業者にご相談ください。

外壁は文字通り屋外にあるため、その分汚れが発生しやすい箇所。
カビ・サビ・コケなどのような汚れの発生により、腐食の進行だけでなく、外壁の剥離といった思ってもみないトラブルに繋がることもあります。

特にサイディングのような凹凸の大きな外壁は注意が必要。
凹凸の隙間に水汚れが溜まりやすいため、塗膜の劣化により上記のような汚れが発生しやすくなってしまいます。

住まいの美観だけでなく、建物の耐久性も下げてしまうので、このような症状を見つけた際は早めの塗り替えをご検討ください。

表面の塗膜が劣化するに伴い、下地との気密性が失われ、塗装の剥がれやめくれを引き起こします。
剥がれやめくれが起こる原因の多くは、下地材の選択ミスや下地処理不足といった施工時の不備。

塗装が剥がれてしまった場合、外壁材自体がむき出しの状態となり、ゆくゆくは雨漏りの原因となってしまうことも。

そのような事態を防ぐためにも、今すぐの塗り替えをおススメしています。

室内の壁や天井に染み・カビはありませんか?
もしもそのような症状が見られる場合は、外壁や屋根から雨水が侵入し、室内にまで及んでいる証拠です。

ここまで症状が進んでしまうと、柱の腐食や骨組み部分が脆くなることもあるため、塗装工事のみの対処では困難に。
大規模な修繕が必要になり、工事費用も高額になってしまいます。

理想は雨漏りを引き起こす手前で塗装工事を行い、未然に防ぐこと。
大がかりな修繕が必要になる前に、雨漏りや雨染み・カビが発生していないかどうか確認しましょう。