屋根・雨樋工事

  • 流山市M様邸(施工前)

  • 流山市M様邸(施工後)

  • 松戸市R荘(施工前)

  • 松戸市R荘(施工後)

  • 流山市T様邸(施工前)

  • 流山市T様邸(施工後)

■ 部分修理からOK!屋根工事

およそ10年を過ぎた頃から屋根の劣化は進行し、防水機能もどんどんと低下していきます。
なかなか目の届かない部分なので、劣化を見逃しがちですが、放っておくと雨漏りを引き起こす事態になりかねません。
屋根工事は、構造や劣化度合いなどによって最適な工法が変わってくるため、劣化状態や築年数、ご予算などを踏まえて最適な工法をご提案いたします。

◎部分修理

当社では部分修理も承っています。天井のシミ・壁紙の剥がれが見られたらお住まいで雨漏りが起こっている証拠。
現地調査にお伺いし、屋根材の割れや浮き・漆喰の劣化など、原因を正しく見極め、適切な補修工事をご提案いたします。
少しでも気になることがあれば当社までご連絡ください。

◎カバー工法

カバー工法とは既存の屋根材の上に新しい屋根を被せる工法。
解体作業が不要なため、工事中もいつも通りの生活をしていただけます。
また、低コストで短工期というメリットも。
ただし、劣化部分はそのまま残っているため、何度も補修を重ねるよりも、葺き替え工事を行った方が長い目で見ればお得と言えるでしょう。

◎葺き替え

今ある屋根を取り外し、新しい屋根に取り替える工法。
傷んだ下地部分から全て取り替えるため、新築同様の耐久性を取り戻します。
築年数が古い住まいに特にオススメの工事です。

 

■ 雨樋の寿命は10年~15年。適切な時期にメンテナンスを!

屋根の軒先や外壁づたいに設置されている「雨樋」は、屋根に降った雨水を集めて排水するという大きな役割を担っています。そんな雨樋の寿命は10年~15年。
劣化を放置してしまうと、雨樋が機能しなくなり、地面に叩きつけられた雨水が跳ね返り建物の土台部分を汚してしまいます。それだけでなく、基盤そのものを弱めてしまうこともあるため、大きなトラブルに発展する前に雨樋の点検・修繕を行いましょう。

▼ 一つでも当てはまれば点検を依頼しましょう
・雨が降ると雨樋から水があふれている
・雨樋の継ぎ目から水が漏れている
・落ち葉やゴミで雨樋が詰まっている
・取り付け金具が錆びている
・雪の重みで歪んでしまった

雨樋工事は、建物全体の劣化を防ぐために欠かせないメンテナンスです。
上記のような症状を発見した場合はお早めにご連絡ください。

一覧ページに戻る